特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法

特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法

「特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法」とはなんとも長たらしい名称です。もう少しわかりやすくいうのであれば、「特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業」とは、個人タクシーも含めた上で、『タクシー会社』全般を指し示していると言えます。

プレス | TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

今日の日本の交通を考えたとき、タクシーは、鉄道やバスなどとともに、我が国の地域公共交通を形成・維持するための、重要な公共交通機関だと言えます。また、観光を目的として、多くの海外の人々が来日していますし、日本の交通網の発展のためにも、タクシーは必要なものです。

廃車

しかし、昨今では、不景気のあおりを受け、タクシー利用者の減少と、タクシー台数の増加などを背景として、タクシー運転手の賃金水準が下がってきているのが現状です。他産業に比べても長期的に低下傾向にありながら、長時間労働が慣習化されている状況は、大きな事故につながる怖れもあり、実際、タクシーの運転手の居眠り運転がもとで発生した自動車事故もあります。このような現況は、大変問題があると言わざるを得ません。

「特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法」は、上記にあげた収益基盤の悪化や、労働条件の悪化を問題視した上で制定されたもので、それぞれの地域において、タクシーが地域の公共交通機関としての機能を、十分発揮できるようにすることを目的とされています。

YOMIURI ONLINE(読売新聞) ヨミウリ・ジュニア・プレス

この文書は各都道府県の労働局長宛に厚生労働省から提出されており、現状を徐々に改正してゆくものです。
タクシー産業は、昨今、自動車運転代行業の業務などでも、注目されている事業です。飲酒事故を防ぐために、運転代行の業務は盛んになってきています。よりいっそう自動車運送事業の適正化が望まれると言えるでしょう。